頸腕症候群とは

変形性膝関節症とは、膝の関節の軟骨の質が低下し、少しずつすり減り、歩行時に膝の痛みが出現する病気です。 

平地での歩行は大丈夫でも、階段で膝が痛いために困っている、歩行時の膝の痛みはないけれど、正座は膝が痛くてできない、などが初期の変形性膝関節症の症状です。

頸腕症候群とは

頸腕症候群の症状どんな時に痛みがでるの?

神経や血管への圧迫、筋肉への負荷により、首周辺・肩・背中・腕・手・手首などに痛みやこり、しびれが現れると考えられています。

パソコン入力など同じ作業を繰り返す

肩から手の指までの体の特定の部位を動かし続ける

長時間の作業による筋肉疲労や姿勢の悪さ

長時間同じ姿勢でのデスクワーク

心因性ストレス

いわゆる肩こりや首の凝りがありながら無理に作業、仕事を続ける

痛みの状態について

腕や手が冷たくなる

ものが書きにくくなる

脱力感

腕が重く感じる

運動をすると痛みが増す

慢性期・回復期

  • 夜間時痛、安静時痛は軽くなる
  • 過度に動かしたときに、強いつっぱり感がある
  • 急性期の痛みにより、動かさない状態が続くことで関節が硬くなり、動かせる範囲が狭くなる
五十肩の慢性期

当院が出来る頸腕症候群の治療法

①〇〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

②〇〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

copyright(c) からだ元気治療院. All rights reserved.
電話 MAIL