投稿

東洋医学的人体論「心と腎」

東洋医学的人体論 心と腎「体温の調節」

体温の調節 ①心は陽に属し、火の性質を持ち、上焦にある ②腎は陰に属し、水の性質を持ち、下焦にある 心火は下降して腎に至り、腎陽を助け、腎水が冷えすぎないように…
東洋医学的人体論「心と腎」

東洋医学的人体論 脾と腎「水液の代謝」

水液の代謝 ①脾は運化を主る ②腎は水を主る(昇清降濁) 脾は胃腸の働きを統括し、 津液を生成・吸収して全身に運搬します。 腎は気化作用によって必要な水分を再吸収…
東洋医学的人体論 ヒト胚「五行から見たヒト胚」

東洋医学的人体論 脾と肺「五行からみた脾と肺」

五行からみた脾と肺 脾と肺の相生関係は、脾が運化作用で吸収した水穀の精微や水液を昇清作用で肺に持ち上げる関係から説明されます。脾により運ばれた水液は「水の上源…
東洋医学的人体論 脾と肺「水液の運行」

東洋医学的人体論 脾と肺「水液の運行」

水液の運行 ①肺は宣発粛降を主り、水道を通暢する ②脾は(水液)を主り、昇清を主る 脾は水穀から吸収した水液を宣発粛降・通暢水道作用で全身に散布します。 脾の運化失…